名入れタオルとはどういった物かをわかりやすく説明します

名入れタオルとは、オリジナルでタオルに名前やイラストなどを入れてもらうサービスです。企業のPRのためのノベルティとして何百枚という枚数で作ってもらうこともできますが、世界でたった一枚だけのオリジナルタオルが欲しいという場合にも、一枚単位でも発注することができます。名入れタオルでは、どのようなタオルにするのかの選択から始めます。もとになるタオルには豊富な種類があり、大きさや色、厚さなどを選ぶことができます。タオルが決まったら、それに入れる文字や絵柄を考えていきますが、データを持っていなくても店舗に専門のデザイナーがいるので、こんな感じにしてほしいというのを手書きのメモや口頭で伝えるだけでもデザインしてもらうことができるので、初心者でも便利に利用することができます。

企業のノベルティグッズとしても

企業のPR商品にはさまざまなアイテムが活用されていますが、長く使用してもらえる名入れタオルはとても人気があります。洗濯をすれば何度でも使用することができ、家庭や企業のトイレなどに置いてもらうことができれば、一枚であっても多くの人に目にしてもらってPRするのに役立ちます。ノベルティとしての名入れタオルは、決められた予算内でより多くの枚数を配りたいというのであれば海外産のリーズナブルな価格のタオルを使用して、単色印刷を施すのがベストです。また、限られた上顧客にいい名入れタオルを進呈したいというのであれば、国内のブランドタオルも用意されており、ジャガード織りなどの特殊なタオルも用意されています。枚数が多くなるほどに一枚当たりの予算は手頃になるので、まとめて発注するのが賢い方法です。

個人的なプレゼントに一枚からも

誕生日や敬老の日、出産祝いなどで一枚だけ名入れタオルを利用したいという場合には、文字や絵柄を入れる方法が限られてきます。一般的なシルクスクリーンプリントになると、型枠を作ることから始まるために版代が取られるのが一般的であり、枚数が多ければ元を取ることができるとしても少ない枚数になれば版代が負担になってしまいます。結果的に安く済ませるためには、インクジェットプリントが適しています。インクジェットプリントでは、写真のような細かな絵柄でも鮮明に印刷してもらうことができます。人やペットの顔が入っても、崩れることがないので安心です。他にも、刺繍で入れるという方法もあります。刺繍糸は光沢感があるので高級感を出すことができるのですが、糸を重ねているためにかたくなってしまうので、部分的なイニシャルやイラストで利用されています。